「信念」を得るために近道はない。 小西 貴大 管理者 2010年入社 「信念」を得るために近道はない。 小西 貴大 管理者 2010年入社

自分を信じられるまで、やり抜く

人と人との心の距離は、互いの信頼の絆の強さによって近くなっていくということを、頭では理解していても、行動では、その想いが及びませんでした。最初に配属された旭川センター(北海道)でのこと。当初先輩からお客様を引き継いだ私は、先輩と同じやり方をなぞるように営業をしていました。中身ではなく外身だけを真似ていた私と、そのお客様との関係が強化されることはなく、成果を出せずに空回りの状態が続いておりました。
その中で、先輩がどのようにして信頼関係を築いているかを徐々に見つめ直すようになりました。そのためにはまず、お客様の情報、状況を正確に把握し本質を捉える必要があると考え、当社との関係がまだ築けていないお客様の情報収集を徹底的に行い、訪問するようにしました。次に、ヒヤリングした内容から自分なりに仮説を立て、お客様が気付いていない課題を提示し、解決への道筋を提案していくようにしました。お客様の課題や考えを共有することを営業活動のテーマにしたのです。
そうした積み重ねで次第にお客様の心が開かれ、少しずつ信頼関係を築くことができるようになりました。入社当初は成果が出ず苦い思いをしたけれど、そこから自分と向き合って懸命に考え抜くことで、今の営業のスタイルを確立できたので、その経験は必要な道であったと思っています。

photo

目標がキャリアをつくる

現在私は北海道から、東京に単身赴任中です。
まったく環境が変わったことでお客様との人間関係も改めてゼロから構築し直すことになりましたが、誠実に向き合って信頼を積み重ねていくという基本は同じです。基本に忠実に、結果にこだわること。今は、これを重視しています。
そのために必要なのは、執着心。「絶対に目標を達成するんだ」という強い意志だと思います。
これから私も後輩を育てていかなくてはならない立場。そして、私の次の目標は、執着心を持った後輩を育てていくことです。

photo

Message

当社はまだまだ若い会社です。そのため、他社より若手の力の占めるウェイトが大きいのは間違いありません。親身になって育ててくれる先輩もたくさんいます。高いモチベーションを保って仕事に取り組める環境だと思います。