問題解決を図る、経営目線と客観目線。 山下 卓真 システム部門 2013年入社 問題解決を図る、経営目線と客観目線。 山下 卓真 システム部門 2013年入社

営業最前線での経験や問題意識が今に活きる

入社から2年半ほどは営業職として、福祉用具レンタル卸のビジネスの基礎を学びました。また、営業や物流のあり方を学ぶ期間でもありました。提供する商品・サービスが100%胸を張って「人の役に立っている」と言える仕事を体現する毎日の中で、取引先やお客様と向き合った場面の一つひとつが今のシステム部門の仕事に活きています。営業所での日々で、市場の動きや温度を感じながら最前線でしか学べないこと、そこでしか体感出来ない業務上の問題点などを実体験として得たことは大きいですね。
システム部門のミッションは、私が経験をしてきたような業務上の課題をITで解決すること。今現在は、問題箇所を洗い出し解決への道筋を探っているところです。また、様々な物事がシステム障害の要因となりえますが、万が一障害が発生した場合その影響度を最小限に抑えるのも私たちシステム担当の大きな役割の一つ。もし実際にトラブルが大きくなれば会社の業務自体の継続ができなくなり、大変なことになります。だから一歩引いた客観目線を持ち、常日頃から障害を想定して、問題解決のためのあらゆるシミュレーションを行なっておくことを心がけています。

photo

さらに高い目標を掲げて邁進する

営業職においては、お客様側の経営目線に立つということが大事でしたが、一方で私たちシステム部門では、自社の経営目線を持つことが求められます。システムと一言でいっても幅は広く、基幹業務システムをはじめ、サーバー、データベース、業務ソフト、セキュリティ、ネットワーク、端末に至るまで、事業の根幹を支える情報システムを表します。そのため絶えずリプレイスを繰り返しながら、最適化をしていくことが永遠のテーマだと思っています。私自身としても、今担当している業務は、お客様を支え、営業所の環境を支え、経営を支えるという非常に重要な業務だと自覚しています。大きなことを言っているかもしれませんが、最近は特にそんな境地になっています。もしかしたら、その視点を得られたことが自己成長の証なのかもしれません。
日々実践する解決策も一時的なやり過ごしでしかないことが多々あり、ITの理想形にはまだ程遠く、根本的な改善力と問題解決力の発揮はこれからが正念場です。「真の解決」に向けた知識・提案力・ヒアリング能力をさらに磨くことが当面の課題。将来的には1回のシステム改革で、抜本的なブレークスルーが果たせる、そんなパワーを身につけたいと思っています。
IT戦略に通じた上で、経営の舵取りをしていくことが、私のキャリアビジョンです。自ら考え、決断して、動く、挑戦機会を次々と与えてくれる当社でなら、必ず実現できると私は信じています。

photo

Message

年数の経っていない、若い会社だからやれることがあります。まだ、誰もやっていないことがたくさんあります。若手の提案を受け入れる風土もあります。私自身も、この風土の中で改善チャンスを掴み、果敢なチャレンジをしています。想像を超える自己成長を果たせる会社、それがパラマウントケアサービスです。